望月の蠱惑

enchantMOONに魅了されたので、先人の功績を辿って、自分も月へ到達したい。

テレビ

戦前の思考 -国家と国家間のこと(+銃のこと)

はじめに bookclub.kodansha.co.jp いま再び、資本主義経済 VS 社会主義経済 そこに歪められた イスラム社会が絡む三つ巴の構図があからさまになり、むしろ、朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国がその緩衝点として浮上しています。 mochizuki.hatenablog.jp ザ…

高校生らしさとは -青春舞台2017

はじめに 実に久しぶりに「青春舞台」のテレビ放送を見た。やはりよかった。 野球と高校野球とが違うように、商業演劇と高校演劇とは違う。 そして、いかなる「高校○○」よりも、より「今、ここで、高校生であるということ」と向きあわねばならない高校演劇の…

横断する想像力 ―短絡と迂回における滝沢カレンさん(という誤読)

はじめに 滝沢カレンさんの言語駆使能力に嫉妬する。 滝沢カレンさんの「日本語の独特な用法」に着目したブログは枚挙に暇がない。私がそこに屋上屋を架けるようなまねをする必要はないのだが、このブログ上に、滝沢カレンさんの名前を刻んでおきたいという…

ヒロシです。そしてレギュラーさんとコウメ太夫さん

はじめに 先日、ネタ番組を見た。東野幸治さん司会、隣に叶姉妹。オープニングがたむけんの出落ちスベリ、というコテコテなものだが、そのあたりはどうでもいい。ネタが見たいからネタ番組を見るのであって、勝敗とかお笑い好き芸能人の感想とかは飛ばす。 …

R-1にインテリジェンスを!

はじめに R1はつまらない。だんだんつまらなくなる。「これ、おもしろいでしょ? センスあるでしょ?」って、なめられている気がする。 笑ったことに腹が立つ笑い。だから、もうR1は見ていない。 第一回は座布団に座ったまま、というレギュレーションだ…

右京というギフト ―相棒15 第16話について

はじめに このブログは、ネタバレあります閲覧注意! 相棒14第12話の犯人の一人 北が再登場しました。 mochizuki.hatenablog.jp 当時は、余命二ヶ月とされていたはずですが、治療が功を奏しているようです。(現在裁判中とのこと) 前回、「自らの死」を意識…

カズ・レーザービーム一点突破

オネエ系 オネエ系タレントが番組出演者として一定のシェアを占めることが普通になりました。オネエ系というのは、おおざっぱにいえば、「女性でありたい男性」であり、容姿振舞話法などに共通の特徴があります。 「性同一性障害」という名称が広まって、「…

4DX ― すべらない話 千原ジュニアさんの話 と たくさんの余談

4DXって何だ? 4dxで検索をかけて一番上にきたページ。 新次元の4Dアトラクションシアター ユナイテッド・シネマ|シネプレックス どんな演出があって、追加料金がいくらで、どんな注意があるのかが、分かりやすくまとめてあった。 遊園地でみた うん…

槙野真理男という獣 ―相棒2017元旦SP 『帰還』のこと

真理とは このブログを書いている途中で、この物語の恐ろしいところに気が付きました。書き直すのは面倒なので、結論だけここに書いておきます。 この一連の事件で、もっとも得をしたのは、槙野真理男でした。町長を使って槙野真理男の意思のままに悪徳警官…

距離に安心しているような ―応援という支援

被災地応援動画 年末、Webで話題になった動画を適当に編集して垂れ流すだけの番組を選局途中に通りすがって、熊本の地震の支援で話題になった「支援の輪」が取り上げられていた。 海外在住の人達が、被災地のためにできることはないかと考え、友人知人に呼び…

アイドルには会いにいけなくてもいい? ―墜ちた星を御輿にしない

ヨーヨーチャンピオン アイドル好き 月刊明星や月刊平凡を毎月買って、ピンナップやシールをベタベタ貼り付けて、「ジュリ~!~!~!~」的な身もだえを繰り返していた時期。はい。アイドル好きでした。 スプライト 私の地元にきてくれた有名人といえば、…

漫才にする方法 ―漫才師の挑戦

The MANZAI 2016を見た フットボールアワーさんの、ツッコミボケがおもしろかった。 ボケとツッコミではなく、普通の話の中にボケの要素を無理やり見出してそこにツッコムという方法で、漫才にしていたこと。 ただ、この形式においては、普通の方を、ツッコ…

月に狂う夜

でかい月が見られるそうだ news.livedoor.com 月に吠える は朔太郎。 古書古本 dessin:萩原朔太郎詩集「月に吠える」名著復刻全集(近代文学館) 満月の人間に及ぼす影響なんかは、検索すれば五万とでてくるし。 月といえば失踪。 梶井基次郎『Kの昇天』 K…

右京の変節? 相棒15第3話 「人生のお会計」のこと

www.tv-asahi.co.jp ネタバレありです。ご注意ください。 まずは、14-12「陣川という名の犬」との相違 mochizuki.hatenablog.jp 犯人設定 14-12 まごうことなき犯罪者。(共犯の方は別として)15- 3 まじめな常識人。 偶然性 4-12 余命宣告を受…

AIに「死」を

今、好奇心が熱い AIに好奇心を実装しようという動きが俄かに活発化してるね! jp.reuters.com 実は、好奇心らしきものの実装はすでに試みられていたけど、 gigazine.net DQNに好奇心アルゴリズムを実装するという試みは、ちょっと期待しちゃう。 www.e…

外科医の詩情

はじめに 演出論なんちゃって 手術、死体、暴行、処刑、事故。人体欠損の様子を、真正面から映し出す演出が増えてきました。小道具の製作技術や、CG合成の技術が進み、高解像度でも作り物っぽくない臓物などを提供できるようになったのですね。 映像としての…

永野さん 正解は? ―「象よりもシャム猫」からの考察

さんま御殿でのアドリブ 2018年7月12日放送の『さんま御殿』において以下のような流れがあった。 出演者の紹介の中で、女性タレントの祖父が「ぞうさん」を作曲した團伊玖磨というすごい人だという話になる。その息子(タレントの父親)も著名な建築…

効果音なんて大嫌い

言われなくてもわかるから 作業中、休憩室から聞こえてくるバラエティー番組の音声。 ジャン! テケテケテケ ボョ~ンボョ~ン ポインポインポン、ギーィィィ ワァ~ォ まいぅ~ ケンケンケンチャッツチャッツケンケンケン かぁわぁいぃいぃ! パキューン パ…

世にも奇妙な物語2016 春の特別篇 が4話とも楽しめた件

世にも奇妙な物語2016 春の特別篇 www.fujitv.co.jp 意外なことに、飛ばすところがなかった 全て、俳優の演技や、シーンが豊かで、飛ばす箇所がなかった。低予算で作られているのはわかったが(「通いの軍隊」はわりとお金かかりそうだった。それで他に…

エーコさん、コロッケさんと、私

軽妙洒脱なつまらなさ ウンベルト・エーコ さん 逝去。(1) 『薔薇の名前(2)』『フーコーの振り子(3)』のあの、重層晦渋で、ディレッタントな文体でおなじみの。とても勉強になる本だった。 記号を自在に操るエーコさんによる古今の文学パスティーシュ、との…

ハルチカ 退出ゲーム から 出川哲郎さん に行き着いたこと

ハルチカ 『ハルチカ』(1)第三話で行っていた「退出ゲーム」。 演劇の世界では有名なものなのでしょうか。即興芝居で、あらゆるセリフが設定となって以降を規制し、その規制から、さらに設定が広がっていく。 作中では、「双方の特定の登場人物を無理なく、…

右京さんの沈黙 ―相棒14 第12話「陣川という名の犬」;犬の倫理、毒虫の倫理

2016年1月20日(水)放送の 相棒14第12話「陣川という名の犬」をブログに留めておきたい理由 うろ覚えエピソードですが、ネタバレ記述です。閲覧ご注意ください。

小説とドラマ(千原ジュニアさんとバカリズムさん)〜すべらない話より

二項対比 昨年1月の放送「松本人志のすべらない話」を見て、千原ジュニアさんが披露した、「井戸田さんの話」と、バカリズムさんが披露した「10分前に着いたのに5分遅刻した話」とが、2つあわせて記憶に残っています。 起承転結に完璧にはまり、かつそ…