読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月の蠱惑

enchantMOONに魅了されたので、先人の功績を辿って、自分も月へ到達したい。

前後不覚の善後策

✨私、気になります!✨(by 千反田える さん)

f:id:miyakotamachi:20160131051742j:plain

笑いの無い 厚切りジェイソン さんみたいで、嫌だなとも思ったんですが、

ずっと気になっているもので。

 と  って、

妙に、ずれてませんか

―この先、30キロ、直進です

―この後、30キロ、直進です

この先=この後 ⇒ 先=後

空前絶後 ⇒ 前⇔後

先輩 「君が以前に言ってたこと? 後で聞こうと思って」

後輩 「生前、前世で事前に前例が後世に伝えられたため、末代までの恥」

先輩 「この先ずっとそんな感じ? じゃまた後で」

先と後も、奇妙な関係だと思いませんか?

「後先考えずに行動するな」っていうと、後の後まで考えろ、って意味でしょうか。それって、先の先まで考えろと同じ意味でしょうか。それとも、それをした結果どうなるかを考えろってことでしょうか。

なんで、同じ方向を向いた言葉が複数あって、それが時として、真逆のベクトルを向く言葉になるのですか?

前=後 前⇔後 時間的なこと、空間的なこと、立ち位置の仮想座標からのベクトル。

 

さらにさらに、

生後と死後の意味レベルはあっていますが、

死後と生前とは、文字の対照はあっているのに、意味がずれる。

したがって、生前と生後の意味もずれていて、この場合、前⇔未 (未生)がくる。

 

これら使い分けを、明快にできる「位置」があるはずですよね。

時間の場、空間の場、時間の方向、空間の方向、生命のベクトル(死生観)、そんなあたりに、「位置」を探る手掛かりがあるのかなと、思っています。辞書は引かないし、検索もせずに、抱えているのも、好きなのです。