読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月の蠱惑

enchantMOONに魅了されたので、先人の功績を辿って、自分も月へ到達したい。

眼眩真暗1-5

 不自由だねぇ~。ひとしきり話し込んではみたんだよ。ああ。勧誘、宗教のね。輸血しねぇって連中。屁理屈の。俺もたいがい屁理屈だがね。あん。自分の子が怪我して輸血拒否して殺しちまってぇ。親は「輸血されるなんざぁ、死んだも同然」ってえし、そんな親の子だからきっと、「はい。穢れた血なぞ欲しくありません。そんな辱めをうけるくらいならば死んで神様の御前にかしづきとうございます」ってんだろうね。いけすかねぇガキだね、どうも。

春先の、寝ぼけたよな夕焼けが、ぼ~んやり暮れてって、生暖かかった縁側を、ぴゅっと冷たい風が、渦ぅ巻いて行過ぎる。ああ、春とは名のみの寒さかな、なんて独りごちながら、いやに暗い座敷の奥へむかって、

「オッカァー! 酒だ酒」

大地鳴動して鼠一匹、どころじゃないよ。山の神がゆら~りと台所の縄のれんくぐってどかどかと、五リットルはあろうかという焼酎とちっぽけなコップをそれぞれ両手に提げて、あたかも深海からもりあがるマッコウクジラのごとき巨体、畳がしずみ、根太が軋む。

「なんか、つまみはねぇのかい?」

おっかあ、無言で割烹着のボケットに握りこぶしをつっこんで、俺の眼の間でバット開く。と、出がらしの煮干が傷だらけの将棋盤のうえでピチピチと、いや、バラバラバラバラおっこちる。

終始無言。海面に鼻先だして息蓄えたマッコウ、再び深海へともどっていく。そういや、こないだ、子供の大王烏賊が網にかかってぇ評判だったけども、子供の大王烏賊ってのがいいね。たいしてでかくない。おとっつぁんにも、こんな頃があったの? 頼朝12歳のしゃれこうべ。ナンダカワカンナイ。

夫婦に言葉はいらないネ。しゃべりゃ、喧嘩になんだから。だいたいなんで、喧嘩んなるのかってえと、悔しさ半分、情けなさ半分、希望が、そうだな、青酸カリの致死量程度かねぇ。もはやとりかえしがつきません、見込みがないともっと早くに気付いていれば、引く手あまたのスレンダー美人も、もはや、愛嬌だけじゃいかんともしがたいアンコ型。お前は器量が悪いから、せめて嘘だけはつかないようにしなさいといわれて、ついたあだながカモネギだ。そのまっすぐな性格のまんま突き進んで1一香成らず。

因業だねぇ。焼酎かっくらって、電気もつけねえで。肌脱ぎだった寝巻き身体にぐるぐる巻いてさ。寂しいなぁってときに、来たね。通りの向こうからでも分るねあの笑顔は。気持ち悪い笑顔。死人の顔を彫刻等でもってむりやりひっかいてこさえたような。

でもま、暇だからサ、来るもの、借金取り以外は拒まねぇ主義なんでね。

神様に出会うまでの自分は罪深いことにも気付かないまま、罪に罪を重ねて穢れはてていました。今はその穢れに気付いて、神様に身も心をささげて、清廉潔白に生きていくことができますし、え~、罪を犯してしまうようなことがあったとしても、悔い改めて懺悔を言葉をお聞き届けいたけますから、ひじょ~に、平安な心持で日々を過ごすことができるのです。

そりゃ、良かったね。

神様は悲しんでおられます。

あんたらは平安で楽しく暮らしてるってのに、親分が悲しんでるのかね?

神様は全てをごらんになり、全ての罪咎憂いを、案じていらっしゃいます。

案じるよりあんこ汁だよ。花より団子。棚からぼたもち。おまんまさえたらふくくえりゃ、俺は幸せだがね。

この世の穢れにまみれた欲得を満たす喜びなんて、神様のために全身全霊をかけて働く喜びとは比べ物になりません。

風呂にもはいらねぇで、着たきりすずめでさ、がりがりに痩せて、眼ェぎょろぎょろさせて、風に吹かれるままに人ン家のチャイムおして、垢まみれの鞄からパンフレット出してさぁ。そういうの幸せっていわねぇんじゃぁねえかなぁ。

俗世に塗れて過ごしている方々を、清らかな世界へお連れするのが、わたし達の使命なのです。神様は、俗世に塗れて喜んでいる方々の本当の姿をごらんになっているのです。

本当の姿? 覗いてるの?

いつでも、神様はわたし達とともにいらっしゃいます。

俺には見えねぇけども。いるのかい? ここに?

私を通じて、今、この場所に、神様の全ての僕を通じて、神様の僕のいる全ての場所に、神様は同時にあらゆるところにいらっしゃいます。

ミッキーマウスは一匹だから、同時には一箇所にしか現れないってんだぜ。神様ってそんなに大勢いるのかい?

数を超越していらっしゃるのです。神様はいと高きところにおわして、わたし達と同じものを一度にごらんになっていらっしゃいます。

声も聞こえるの? 届いてるの、これ。もうやってるの? お~い。見てるか? 西田ァ~、埴谷ィ~。イェーイ。

神様は、そういう下賎なふるまいも、寛大に赦してくださいます。

赦すゥ? 偉そうだね。俺はそいつに何の世話にもなってねぇんだよ。なぁ。それをいきなり赦すたぁ、なんだい。何様のつもりでぇ!

神様です。

 とまあ、こんな感じで、寝るまでやってたんだよ。そしたら、さすがに夢に出てきたね。神様。