読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月の蠱惑

enchantMOONに魅了されたので、先人の功績を辿って、自分も月へ到達したい。

私小説としての佐藤優樹さん、物語としての道重さゆみさん 1

1.私小説としての佐藤優樹さん 今とのズレ 佐藤優樹さんは、「今」を生きることに懸命です。 彼女は常に「今」そのものであり続けます。それは、そうしよう、として、そうしているのではないような気がします。 「今」という状況は、多重衝突事故そのもの…